著者
張 峰 尾城 隆 隆島 史夫
出版者
The Ichthyological Society of Japan
雑誌
魚類学雑誌 (ISSN:00215090)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.151-155, 1992-09-15 (Released:2010-06-28)
参考文献数
14

天然雌性発生3倍体性ギンブナの再生産機構を解明するために, その卵形成過程の電顕および光顕観察を行うとともに, ゲル電気泳動法により母子間のアイソザイムパターンの変異を分析した.その結果,(1) ギンブナ卵形成過程の第1減数分裂の前期に, 相同染色体問の対合を示すシナプトネマ構造が観察され,(2) 母子間のPGMアイソザイムパターンに少数例ながら明らかな相違が認められた.従って, ギンブナの相同染色体間において, 少なくとも部分的には対合と乗換えが起こるものと推察された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@sansyo_kusa ギンブナは、減数第一分裂(還元分裂)が起こらないので、組み換えはほとんどありません。ただし、相同染色体間で多少の組み換えが起こっていると考えられているようです。どの染色体に乗っているかが変わるだけで、ゲノ… https://t.co/Q3VIIsFF7n

収集済み URL リスト