著者
安原 浩
出版者
法と心理学会
雑誌
法と心理 (ISSN:13468669)
巻号頁・発行日
vol.12, no.1, pp.12-15, 2012 (Released:2017-06-02)

刑事裁判実務に長年携わった経験からは、取調べの科学化、あるいは高度化がいかに困難かを指摘せざるを得ない。日本では密室の取調べが定着し、裁判所もこれまでその結果を尊重してきたからである。しかし裁判員裁判をきっかけに、これまでのような供述調書依存の刑事裁判が構造的に変化しつつあり、可視化が進展する素地が生まれつつある。

言及状況

外部データベース (DOI)

教えて!goo (1 users, 1 posts)

>実際昔の警察の取り調べ室でも、 >西部警察みたいな暴力取り調べはやっていたんですか  約40年間 裁判官として勤務した方の 経験だと、「西部警察」放送以前は、 日常茶飯事かは、不明だが、暴力的な取り調べは あったようです。 <裁判実務か らみた取調べ の 問題点> https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlawpsycho …

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

こりゃ冤罪がなくならんわけだわな https://t.co/cM2m7VWyKD

収集済み URL リスト