著者
櫻庭 京子 今泉 敏 峯松 信明 田山 二朗 堀川 直史
出版者
日本音声言語医学会
雑誌
音声言語医学 (ISSN:00302813)
巻号頁・発行日
vol.50, no.1, pp.14-20, 2009 (Released:2010-03-17)
参考文献数
13
被引用文献数
1

transsexual voice therapyにおいて,訓練ターゲットとする声の高さを検討するために,男性から女性へ性別の移行を希望する性同一性障害者(MtF: male to female transgender/transsexual)119名と生物学的女性32名の母音発声(/a//i/)と朗読音声に対して,話者の性別を判定させる聴取実験および基本集周波数(F0)の分析を行い,比較検討した.その結果,70%以上女性に聴こえる発話の声の基本周波数(F0)は母音で平均270Hz,朗読で217Hzとなり,生物学的女性の平均値243Hz(母音),217Hz(朗読)に近いものとなった.しかしながら,生物学的女性と同じF0値の範囲にあっても,女性と判定されない声が7割近くあり,声の高さだけが女性の声に聴こえる要因ではないことが示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

女性と認識されるフォルマント周波数の話
[pdf] 女性と判定される声の特徴 : 性同一性障害者の話声位

Twitter (472 users, 474 posts, 870 favorites)

@fukuyuki 声が高ければいいってもんでもないそうです https://t.co/iadBZGUdxB
ボイチェンしながら、どれくらいの周波数に設定すればいいかいろいろと探った結果、MtFの女性の女性判定率の論文から、母音を270Hzくらいまで引き上げられれば、女性と判定されるようだということが分かった。 とりあえず、母音が270… https://t.co/uWm21q3Xfd
女性と判定される声の特徴 - J-Stage https://t.co/focz8N1SrX
https://t.co/KMNVCmZLLW 女性的に聞こえるフォルマントの研究だそうです 恋声では具体的なフォルマントの値が(たぶん)出てこないので、目安ぐらいにしかなんないかな?
@FeelzenVr https://t.co/LrE0HxvSdr 私が読んだのありました!(多分直にpdf落ちてくると思います)
@8j7f9a7FpojVhN5 また時間のあるときにじっくり読んでみて。https://t.co/NZsiuCCH7B
この論文面白いよ 『女性と判定される声の特徴』 https://t.co/3cktsvn0b2
https://t.co/MndGnWKGeW
@dolce_mousa こちらがそのムービー。作成は私。周波数の出典はhttps://t.co/9OyKwEqsoC https://t.co/Wevpcs1iWq
_pdf http://t.co/uLU3jd0sdY
よんだー   女性と判定される声の特徴 ─性同一性障害者の話声位─ https://t.co/nIXvXzrCBA
ぐぐったらなんかでたのでよんでた / 女性と判定される声の特徴 (pdf) https://t.co/hntmYCiQ3T

収集済み URL リスト