著者
中村 浩志
出版者
日本鳥学会
雑誌
日本鳥学会誌 (ISSN:0913400X)
巻号頁・発行日
vol.56, no.2, pp.93-114, 2007-11-01 (Released:2007-11-17)
参考文献数
62
被引用文献数
8 12

このモノグラフは,日本に生息するライチョウLagopus mutus japonicusに関するこれまでの研究からわかっていることを整理し,今後の課題について検討を加えることを目的としたものである.日本に生息するライチョウの数は,20年以上前に実施された調査から3,000羽ほどであることを示し,分布の中心から外れた孤立山塊から絶滅が起きていることを示唆した.日本の高山帯には,ハイマツが広く存在するのが特徴であり,ライチョウの生息に重要であることを示唆した.ライチョウの食性に関する知見を整理し,今後は各山岳による餌内容の違い,また食性の量的な把握が必要たされることを指摘した.高山における年間を通しての生活の実態について,これまでの知見を整理し,まためた.春先の4月から秋の終わりの11月にかけてのライチョウの体重変化を示し,ライチョウの高山での生活との関連について論じた.ミトコンドリアDNAを用いた多型解析から,近隣の亜種との関係および大陸から日本に移り棲んで以降の日本における山岳による集団の隔離と分化に関する知見をまとめた.ライチョウを取り巻くさまざまな問題点について,最近の個体数の減少,ニホンジカ,ニホンザルといった低山の野生動物の高山帯への侵入と植生の破壊,オコジョや大形猛禽類といった古くからの捕食者の他に,最近では低山から高山に侵入したキツネ,テン,カラス類,チョウゲンボウといった捕食者の増加がライチョウを脅かしている可能性,地球温暖化問題等があることを指摘した.20年以上前のライチョウのなわばりの垂直分布から,温暖化の影響を検討し,年平均気温が3°C上昇した場合には,日本のライチョウが絶滅する可能性が高いことを指摘した.これまでの低地飼育の試みを評価し,野生個体群がまだある程度存在する今の段階から,人工飼育による増殖技術を確立し,増えた個体を山に放鳥する技術を確立しておくことの必要性を指摘した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 3 favorites)

@SciKotz ご参考。p96の最後の方に中村さんが書いていますね。 https://t.co/FwSsLSEaYi
これまで1960年代に富士山と金峰山に放鳥したことがあるが、失敗しているとのこと。J-STAGE Articles - ライチョウ 日本鳥学会誌 56 巻 (2007) 2 号   https://t.co/YHjQXFlCcL
ライチョウの遺伝的多様性のソースってこれ以降更新されてるのかな?ミトコン... https://t.co/g8cMUmiu7z
ちなみにつぎのURLページに、そのしたに引用する文言があった。 https://t.co/qNPiWVzBcr 「中央アルプスには,今から 40 年以上前の 1965 年ごろまでは生息が確認されていたが,その後絶滅している(羽田1979).」 #木曽山脈 #中央アルプス #ライチョウ #雷鳥 #絶滅
ライチョウ(中村浩志2007) https://t.co/T5OEFwJNRS 中央アルプスには1965年ごろまでは生息が確認されていたが絶滅(羽田1979)。駒ケ岳にロープウエーを架けたため年間数十万人が入山した結果、高山に残された残飯を求めキツネ、テン、ハシブトガラスが侵入…

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: Apple2000
2012-06-23 20:46:10 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト