著者
刘 利 鎌田 直樹 杉田 昭栄
出版者
日本鳥学会
雑誌
日本鳥学会誌 (ISSN:0913400X)
巻号頁・発行日
vol.61, no.1, pp.77-83, 2012 (Released:2012-04-27)
参考文献数
28

本研究においては光学顕微鏡及び走査型電子顕微鏡を用いて,ハシブトガラスCorvus macrorhynchos舌の表面微細構造を観察した.本種の舌は舌尖,舌体,舌根の3つの部位から構成され,舌先の先端は左右に2分されており,左右共に上下二層構造を持っていた.舌体は扁平状で円形の舌隆起を有し,その尾側縁には円錐乳頭が連なっており,外側にはより大型の乳頭が見られた.さらに,粘膜下層には2種類の結合織芯が存在し,その境界は明瞭であった.舌根の表面および舌体の側面には大型の唾液腺の開口部が観察され,それらの周辺には味孔が分布していた.このように,ハシブトガラスの舌の形態・構造には動物食性鳥類のものと類似した点が多く,わずかに植物食性の鳥類の特徴も合せ持つことが明かとなった.また,形態に基づいた機能的類型に照らし,本種の舌は採集型と嚥下型の両方の特徴を合わせ持つと考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

下記論文によると二股になっててペラい舌先は実体顕微鏡写真で見るとブラシ状になっているそう。 #カラス #ハシブトガラス https://t.co/P1yDrs8gfA https://t.co/3N86KIS1lZ https://t.co/bFhMLHRT9q
@iwakunily 歯ではなくヒダヒダになっています https://t.co/Q83ZpMVEsB 舌の構造複雑です

収集済み URL リスト