著者
風間 健太郎
出版者
日本鳥学会
雑誌
日本鳥学会誌 (ISSN:0913400X)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.3-23, 2015 (Released:2015-04-28)
参考文献数
169
被引用文献数
1 1

鳥類が担う多様な生態系機能の大部分は,生態系サービスとして人間に利益をもたらす.そのうち供給サービスや文化サービスは古くから人間に認知されてきたが,基盤サービスや調整サービスの認知度は低く,その価値評価も不十分である.鳥類は捕食,移動,および排泄を通じて,種子散布・花粉媒介,餌生物の個体数抑制,死体の分解・除去,および栄養塩類の循環などの多様な生態系機能を担う.これらは,有用植物の生産性向上,有害生物の防除,生息環境の創成・維持などの利益を人間にもたらす.近年ではこれら生態系サービスの価値を経済的に評価する試みがなされているが,その実例は少ない.主に農耕地生態系において古くから鳥類の生態系サービスを享受してきた日本においては,その理解と価値評価がとくに必要とされる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

兆だと!?!?>RT と思って出典見たら鳥学会誌の総説ので俺も読んでるやん(全然数字を覚えていない(笑)) https://t.co/ZVnuFK1Fj1 米国は4800万人もバードウォッチャーがいて8兆円以上も金使ってんの?… https://t.co/8HoSmyTgP9
https://t.co/tEEbFRlLOS

収集済み URL リスト