著者
五十嵐 彰
出版者
日本家族社会学会
雑誌
家族社会学研究 (ISSN:0916328X)
巻号頁・発行日
vol.30, no.2, pp.185-196, 2018-10-31 (Released:2019-10-31)
参考文献数
41

配偶者とのみ性的関係をもつ,いわゆる「不倫」の禁止は現代の結婚制度の根幹を支える要素のひとつといえる.しかしながら,では誰が「不倫」をするのかを明らかにした日本の研究はほぼ見当たらない.本稿では日本における「不倫」行動の規定要因を機会および夫婦間関係のフレームワークを用いて検討した.分析結果から,労働時間や夫婦間関係の親密さ(会話頻度,セックスの頻度),子どもの数は「不倫」行動の発生に効果を与えないことが示された.男女ともに効果のある変数は学歴であり,高学歴になればより「不倫」しなくなるといえる.男性のみに効果のある変数は収入および妻との収入差であった.男性は収入が上がれば,また妻の方が収入が高ければ「不倫」するようになるといえる.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (6 users, 6 posts)

[あとで読む] PDF ”誰が「不倫」をするのか 五十嵐 彰”
へええ、おもしろい論文だった。学歴と不倫にこんな相関があるとは。夫の収入が妻より低いと夫が不倫しやすくなるというのは日米変わらないというのもおもしろいねえ。そんなとこで男性性を回復したがるのか。

Twitter (210 users, 219 posts, 158 favorites)

誰が「不倫」をするのか 面白い https://t.co/VQXCpF2uBZ
「不倫」に関して論文が出ていました。 いや~驚きですね? 夫婦関係について、男性の行動から収入、考察まで。 ま~不倫はしちゃいけませんよ(笑) #男女 #不倫 #論文 https://t.co/ZsjnkCUTWj
Why alternative teenagers self-harm: exploring the link between non-suicidal self-injury, attempted suicide and adolescent identity https://t.co/LabRShQ7xS
最近ミソジニスト界隈が「高望みする女性のせいで結婚が成立しない(或いは高収入の女性は低収入男性に見向きもしない)」と声高に叫んでいるが、因みに配偶者より収入が低い男は自らの「男性性」を回復せんと「不倫」に走ることが研究により実証されている。リンク先はPDF。https://t.co/CPZV3TYljC
@ajr2BFK7r24k9dE ご関心をお寄せいただきありがとうございます。Web公開されていますので、よろしければご笑覧ください。 https://t.co/BRVPRxsEam
論文といえば農学か分子生物学ばかり読んできたけど、尊敬する某氏が引用していたので専門外の論文を読んでみた。 J-STAGE Articles - 誰が「不倫」をするのか https://t.co/FNa2KvDFBz
『誰が「不倫」をするのか』 https://t.co/dbcHTL3OjI
@tos #ふらちなよんだ https://t.co/PjAVxQaMZ3
立教大学の五十嵐彰先生の論文。『誰が「不倫」をするのか』について、統計学的に要因を分析しています。興味深かったのが、学歴に不倫の抑制効果が確認された点(男女共に)。収入が制御されたうえでの結果なため、教育が規範形成に影響を及ぼす可能性が示唆されています。 https://t.co/KXUtW27ZrD
https://t.co/2zKWuiS8OF
J-STAGE Articles - 誰が「不倫」をするのか https://t.co/m7HvKtEf6k
https://t.co/3E2IdPUy93
不倫の話してたっぽい。五十嵐彰先生の論文は紹介しよう。 https://t.co/vzvpBeSnJW えらい。(論文自体は出たときにコピーしてた)
J-STAGE Articles - 誰が「不倫」をするのか https://t.co/zVXPFgEcnt
“誰が「不倫」をするのか” https://t.co/EiWqdgHzRs
「高学歴になればより「不倫」しなくなるといえる.男性のみに効果のある変数は収入および妻との収入差であった.男性は収入が上がれば,また妻の方が収入が高ければ「不倫」するようになるといえる.」J-STAGE Articles - 誰が「不倫」をするのか https://t.co/n0SmXhni4U
J-STAGE Articles - 誰が「不倫」をするのか https://t.co/us5lOTgjje
抄録しかよんでないけど、こういうの面白い。「男女ともに効果のある変数は学歴であり,高学歴になればより「不倫」しなくなるといえる.男性のみに効果のある変数は収入および妻との収入差であった」 https://t.co/djOhq0UkxH
https://t.co/SpWtMgvl05
男女ともに効果のある変数は学歴であり,高学歴になればより「不倫」しなくなるといえる.男性のみに効果のある変数は収入および妻との収入差であった.男性は収入が上がれば,また妻の方が収入が高ければ「不倫」するようになるといえる. https://t.co/zngkcehAWy
興味深い研究。学歴や収入の影響が大きいらしい。 「労働時間や夫婦間関係の親密さ(会話頻度,セックスの頻度),子どもの数は「不倫」行動の発生に効果を与えないことが示された.」 / 誰が「不倫」をするのか https://t.co/IQrv39Z4x9
へええ、おもしろい論文だった。学歴と不倫にこんな相関があるとは。夫の収入が妻より低いと夫が不倫しやすくなるというのは日米変わらないというのもおもしろいねえ。そんなとこで男性性を回復したがるのか。 / “誰が「不倫」をするのか” https://t.co/3toRtnjKgC
家族社会学研究「誰が「不倫」をするのか」 https://t.co/Zcg7GiCJMl 配偶者とのみ性的関係をもつ,いわゆる「不倫」の禁止は現代の結婚制度の根幹を支える要素のひとつといえる.しかしながら,では誰が「不倫」をするのかを明らかにした日本の研究はほぼ見当たらない
家族社会学研究会から出した論文「誰が不倫をするのか」がweb公開されました。 https://t.co/BRVPRxsEam

収集済み URL リスト