著者
木村 豊
出版者
日本オーラル・ヒストリー学会
雑誌
日本オーラル・ヒストリー研究 (ISSN:18823033)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.125-144, 2012-09-08 (Released:2018-12-10)

The purpose of this article is to examine the internal migration of a person burnt out by an urban air raid. With the expansion of air raids on Japan's urban centers during the war, a large number of civilians were burnt out of their homes. Therefore, the government pushed forward a plan to have such people emigrate to farm villages. However, such people have so far not been studied in historical research. We carried out an interview investigation in a farm village in Hokkaido to which such people migrated. Therefore, in this report, we want to consider the local emigration of a person burnt out by an urban air raid based on interview data.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (28 users, 29 posts, 32 favorites)

第二次世界大戦後 空 襲 で 焼 け 出 さ れ てた人々に北 海 道 に 移 り 住 ん だ 人 び と がいる。 それは、戦時中、政府によっ て進められた戦災者北海道集団帰農計画の下で移 住した 「拓北農兵隊」の人びとである。 https://t.co/UROJHw4sGR
@niwaka_toshiro もうお読みかもしれませんが。 ~J-STAGE Articles - 空襲で焼け出された者の記憶 : ある「拓北農兵隊」の戦時と戦後をめぐって https://t.co/nsxZLvB3hm
https://t.co/Z6oElpTjgS これは……… なつぞらに続いてく話だ……… 天陽くん一家… https://t.co/L4mUkOKw2r
罹災者による拓北農兵隊のオーラルヒストリーが書かれていたとは! ~J-STAGE Articles - 空襲で焼け出された者の記憶 : ある「拓北農兵隊」の戦時と戦後をめぐって https://t.co/nsxZLvB3hm
https://t.co/oPwVh0Szz6 木村豊「空襲で焼け出された者の 記憶 一 あ る 「拓北農兵隊」の 戦時 と戦後をめ ぐっ て一」
なつぞらは、思ったより北海道史を挟んでくるな。#なつぞら 木村豊「空襲で焼け出された者の記憶 : ある「拓北農兵隊」の戦時と戦後をめぐって」(J-STAGE Articles ) https://t.co/WEMg7yka6D

収集済み URL リスト