著者
常盤 俊之 奥田 徹
出版者
日本菌学会
雑誌
日本菌学会会報 (ISSN:00290289)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.jjom.H20-10, 2009-11-01 (Released:2018-03-30)
参考文献数
13

イグチ類に寄生する日本産Hypomyces属菌5種とそのアナモルフのSepedoniumを記載し検討した.これらはH. melanocarpus, H. transformans, H. chlorinigenus, H. chrysospermus及びH. microspermusであり,前2種は日本新産種であった.また,日本特産種のホオベニシロアシイグチ(Tylopilus valens)をHypomyces melanocarpusの新寄主として報告した.さらに類似する2種H. chrysospermusとH. microspermusの形態と寄主範囲の相違点について論じた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 1 favorites)

@maekawanaoto ありがとうございます、なるほどね…実はこの子の厚膜胞子と思われるものを見つけてたんです。 Hypomyces chlorinigenus の厚膜胞子にそっくりだ。てことは子嚢殻だな…子嚢はどこかに行ってしまっただけなのかな https://t.co/KCB4RZeuOw https://t.co/f6qVeKA0oS
@ososugiru 分生子層は灰黄色だそうです → https://t.co/3hQO3LwavF
@ososugiru https://t.co/3hQO3LwavF
@maekawanaoto https://t.co/3hQO3LwavF https://t.co/3a2yVxPwB6

収集済み URL リスト