言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 7 posts, 5 favorites)

@snow1213piano はい、アプローチを変えると驚くほど簡単に解決する場合が非常に多いです。 ただ、アレクサンダー・テクニーク(AT)に関しては、「脱力」と言っている流派には注意で、その指導はATの本質からズレます。実は日本初のAT講師である小野ひとみ先生はこう言っています。 引用元: https://t.co/C5wrfWgT7N https://t.co/Yh4DdbqEGj
実際、本書の監訳者であり、日本初のアレクサンダー・テクニーク講師の小野ひとみ氏は、 "アレクサンダー・テクニークでは、(中略)「脱力する方法」(中略)は教えない。" とハッキリと述べている。 https://t.co/C5wrfWxW9N
しかも、「反復練習」は逆にパフォーマンスが下がるとも言われています。 「反復練習」によって習得した「自動化の動き」は、ややもすると【習慣の奴隷】となってしまいます。そうすると、自身の感覚が鈍り、融通が利かなくなるんです。 参考記事: https://t.co/C5wrfWgT7N
ただ、残念ながら「アレクサンダーテクニーク ピアノ」をネット検索すると、結構あやしいブログが目に付く。 少なくとも、アレクサンダーテクニークと「脱力」を結び付けているサイトはアウト。 日本初のアレクサンダーテクニーク指導者の小野ひとみさんはこう言ってます。 https://t.co/C5wrfWxW9N https://t.co/8I96VMZ4r6
@pianonymous404 あと、これ https://t.co/AJkPpceJfz とか? 以上、荒い参考urlでした。
演奏する身体に興味がある人は、この記事もおすすめ。「脱力」という表現以外で、演奏する身体を【楽にする】方法が例として書かれています。 っというか、記事を読めばわかりますが、アレクサンダー・テクニーク的には、「脱力する方法」なんてものは【無用】なんです。 https://t.co/C5wrfWxW9N

収集済み URL リスト