著者
武知 優子
出版者
日本音楽教育学会
雑誌
音楽教育学 (ISSN:02896907)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.1-8, 2005 (Released:2017-08-08)
参考文献数
11
被引用文献数
2

日本に住む子どもが, 「女の子に似合う楽器」「男子向きの楽器」といった楽器とジェンダーを結びつけた認識, すなわちジェンダー・ステレオタイプを抱いているのかを, 楽器に対する好みと共に検討するため, 小学4~6年生338名 (男子175名, 女子163名) を対象に質問紙による調査をおこなった。取り上げた12の楽器のうち, ドラム, ギター, トランペットについては男子向きの楽器, ハープ, ピアノ, フルートについては女子向きの楽器という認識を抱いている児童が多かった。好みについては人気の高い楽器が男子と女子では異なり, 男子はギター, ドラム, 女子はハープ, フルートを好むものが多かった。楽器に対する好みの性差はジェンダー・ステレタオイプと関連があり, 男子は男子向きというステレオタイプのある楽器を好み, 女子は女子向きというステレオタイプのある楽器を好む傾向がみられた。最後に, この結果にもとづく音楽教育現場への提案を行った。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 4 favorites)

@InOut_Music 突然失礼します。 周りの大人からの影響などでしょうか。 こちらの論文は楽器のジェンダー・ステレオタイプについてのものです。参考になるかと思います https://t.co/60X78mbaLO

収集済み URL リスト