著者
大野 はな恵
出版者
日本音楽教育学会
雑誌
音楽教育学 (ISSN:02896907)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.1-12, 2017 (Released:2018-08-31)
参考文献数
26

古楽復興運動の影響を受け, バロック声楽作品の歌唱やそれを専門とする歌手は「バロック歌唱」, 「バロック歌手」と呼ばれるようになった。その人気を受けて, 昨今では, 「メインストリームの歌手」にもバロック声楽作品を歌う機会が増えている。しかし, メインストリームの歌手が書物から実践上での指針を得ることは難しい。本研究では, メインストリームの歌手がバロック声楽作品を歌う上で留意すべき諸点を, メインストリームの歌手とバロック歌手を対象とした質問紙調査と, 著名なバロック歌手へのインタビューによって浮かび上がらせた。すなわち, ヴィブラートや音色, 音量といった具体的項目において両者の認識は大きく異なっていた。また, バロック歌手は, 音色, 音量, ヴィブラートを自在かつ器用にコントロールする能力を「バロック歌唱」に求めており, これらの要素は現在の「バロック歌唱」を特徴づけるものである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (16 users, 17 posts, 49 favorites)

メインストリームの歌手とバロック歌手との間にある「バロック歌唱」観の差異https://t.co/CXU5Xvl86V“バロック歌手とメインストリームの歌手が,方向性の異なる回答をした背景には,過去に経験したバロック作品のレパート… https://t.co/G3tgyMdMqD
J-STAGE Articles - メインストリームの歌手とバロック歌手との間にある「バロック歌唱」観の差異 https://t.co/Y9S8hVR0Y8現代のポピュラー音楽の担い手がバロック音楽をカバーしたりバロック的な音形… https://t.co/TJX6A5OjBQ

収集済み URL リスト