著者
井川 雅子 山田 和男 池内 忍
出版者
日本口腔顔面痛学会
雑誌
日本口腔顔面痛学会雑誌 (ISSN:1883308X)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.3-12, 2014-12-25 (Released:2016-01-26)
参考文献数
65

口腔顔面部の特発性疼痛には,歯科治療を契機とするものが多いが,侵害刺激が加えられていないにもかかわらず発症するものもある.このような症例の中には,明らかな器質的異常が認められないにもかかわらず,日常生活が続けられないほど重症化する例もまれではない.このような特発性疼痛は,従来は神経障害性疼痛,下行性疼痛抑制系の機能不全,また中枢の感作などでその機序を説明することが試みられていたが,一方で,近年の脳機能画像研究の発達により,組織損傷が存在しなくても疼痛が発現しうることが明らかにされつつある.すなわち,侵害刺激ではなくても,個人にとって著しい脅威や不快と感じられるような刺激にさらされた場合に,関連する脳領域が過剰に活動し始めることによって,慢性疼痛に陥ってゆく可能性があるということであり,口腔顔面部の特発性疼痛の発症の機序を考える上で大きな手がかりになると思われる.本稿では,特発性疼痛の機序に関する最近の脳科学的研究の知見について解説を行い,われわれが経験した2症例を供覧する.症例1:74歳,女性.医師に舌がんを示唆された直後から特発性顔面痛を発症し摂食不能となったため,発症から3か月目に胃瘻を造設した.症例2:81歳,女性.上顎左右臼歯部に6本のインプラントを埋入した直後から,上顎左側中切歯に特発性歯痛と全身の不全感を発症し,寝たきりとなった.いずれも劇症ではあるが,三環系抗うつ薬により速やかに治癒した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 9 posts, 0 favorites)

#100日間論文紹介season2 10日目 今日は雑誌です
#非定型歯痛 口腔顔面部の #特発性疼痛 症例2 81歳,女性.上顎左右臼歯部に6本の #インプラント を埋入した直後から,上顎左側中切歯に #特発性歯痛 と #全身の不全感 を発症し,寝たきりとなった.いずれも劇症ではあるが,#三環系抗うつ薬 により速やかに治癒した 引用元 https://t.co/xTHNekpWrP
#口腔顔面痛 #非歯原性歯痛 #非定型歯痛 #特発性疼痛 の機序に関する最近の脳科学的研究の知見についての解説 侵害刺激ではなくても個人に著しい脅威や不快と感じられるような刺激にさらされた場合に関連する脳領域が過剰に活動し始め #慢性疼痛 に陥ってゆく可能性 引用元 https://t.co/xTHNekpWrP https://t.co/2ZgFF5Kz8Q

収集済み URL リスト