著者
恩田 光子 今井 博久 正野 貴子 高田 百合菜 藤井 真吾 七海 陽子 荒川 行生
出版者
一般社団法人 日本薬剤疫学会
雑誌
薬剤疫学 (ISSN:13420445)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.1-11, 2016-08-31 (Released:2016-09-27)
参考文献数
25
被引用文献数
1

ほとんどの在宅療養患者には,複数の薬剤が処方されており,政府は薬剤師による在宅ケアへのさらなる参画を推進している.しかしながら,副作用(副作用の疑い)(Adverse Drug Reactions: 以下 ADRs)の発生に関する情報はほとんど存在しない.本研究の目的は,在宅療養患者における薬物治療に伴う ADRs の発生状況,ADRs との関連要因について明らかにすることである.調査対象は全国の保険薬局とし,当該薬局において訪問サービスを実施している薬剤師に対して,訪問対象患者に関する調査票への記入を依頼した.主な調査項目は,患者属性,内服薬の品目数,ADRs の有無とその具体的内容,訪問サービスに係る薬剤師の業務量とした.1,890薬局から5,447人分の患者データを収集した結果,薬剤師が訪問時に ADRs を発見した患者割合は14.4%であった.10件以上報告された ADRs は12症状分類で全体の85.2%を占め,上位5症状分類は,めまい・ふらつき・立ちくらみ等,消化器障害,臨床検査値異常,意識障害,皮膚症状であった.被疑薬は,上位12症状分類のうち7症状分類において,催眠鎮静剤・抗不安剤,精神神経用剤,その他の中枢神経系用薬のいずれかが被疑薬の上位3項目に含まれていた.また,ADRs との関連要因として,患者の性別,居住形態,内服薬の品目数等が抽出された.日本の在宅医療における ADRs の割合は,諸外国と比較し大差はないが,被疑薬に占める中枢神経系用薬の割合が高いことが示唆された.また,ADRs の発生と多剤併用の関連も実証されたことから,医師と薬剤師の協働による中枢神経系用薬の減薬に取り組む必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 17 posts, 3 favorites)

4 4 https://t.co/tfuI1vTj9S
副作用との関連要因として、患者の性別、居住形態、内服薬の品目数等を抽出。副作用の発生と多剤併用の関連も実証されたことから、医師と薬剤師の協働による中枢神経系用薬の減薬に取り組む必要があるとした。 【薬剤疫学】 https://t.co/8uYl4nKAnp
上位5症状分類は、めまい・ふらつき・立ちくらみ等、消化器障害、臨床検査値異常、意識障害、皮膚症状。被疑薬は、催眠鎮静剤・抗不安剤、精神神経用剤、その他の中枢神経系用薬、解熱鎮痛消炎剤が上位を占めた 【薬剤疫学】 https://t.co/8uYl4nKAnp
1,890薬局5,447人分の患者データを解析、薬剤師が訪問時に 薬剤使用に伴う副作用を発見した患者割合は14.4%だった 【薬剤疫学】 在宅患者における薬物治療に伴う副作用 ―全国調査からの考察― https://t.co/8uYl4nKAnp

収集済み URL リスト