著者
佐藤 弘希 丸山 徹 小田切 陽子 三村 絵美子 河上 恵子 池田 倫子 岡山 善郎 安楽 誠 小田切 優樹
出版者
一般社団法人日本医療薬学会
雑誌
医療薬学 (ISSN:1346342X)
巻号頁・発行日
vol.32, no.9, pp.940-945, 2006-09-10 (Released:2007-11-09)
参考文献数
25
被引用文献数
2 2

The results of a population pharmacokinetic (PPK) analysis for Japanese suggest that smoking and gender difference are factors influencing the clearance of olanzapine, an atypical antipsychotic drug. However, no post-marketing verification has been conducted regarding how these factors affect the prescribing of this drug by practicing physicians. We therefore conducted a retrospective analysis on the effects of smoking and gender difference on olanzapine dosages. The results showed that smokers received significantly higher doses of olanzapine than non-smokers and that males tended to receive higher doses of olanzapine than females. The dosage for male smokers, the highest dose group, was 1.3 times that for female non-smokers, the lowest dose group. These results showed good correspondence with those of the PPK analysis given in the package insert and suggests that PPK data could be useful information for the community pharmacist.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

”喫煙によるCYP誘導効果はタバコに含まれるニコチンではなく、それ以外の多環式芳香族炭化水素に起因している。そのため、禁煙補助薬を用いたニコチン補充療法は、基質薬剤のクリアランスには影響を及ぼしにくいと考えられている。” https://t.co/YJN5WZbgwd
”喫煙によるCYP誘導効果はタバコに含まれるニコチンではなく、それ以外の多環式芳香族炭化水素に起因している。そのため、禁煙補助薬を用いたニコチン補充療法は、基質薬剤のクリアランスには影響を及ぼしにくいと考えられている。” https://t.co/YJN5WZbgwd
【メモ】”喫煙によるCYP誘導効果はタバコに含まれるニコチンではなく、それ以外の多環式芳香族炭化水素に起因している。そのため、禁煙補助薬を用いたニコチン補充療法は、基質薬剤のクリアランスには影響を及ぼしにくいと考えられている。” https://t.co/3qCOVoAjt4
【メモ】"オランザピンは10-N-グルクロン酸抱合体および4'-N-デスメチル体に代謝されるが、いずれも薬理活性を持たない。後者はCYP1A2を介して生成されるが、喫煙などの環境で誘導されやすい。喫煙でCYP1A2活性が6倍に上昇し、オランザピン血中濃度が1/5に低下した報告もある" https://t.co/3qCOVoAjt4

収集済み URL リスト