著者
西村 奏咲 清水 忠
出版者
一般社団法人 日本薬学教育学会
雑誌
薬学教育 (ISSN:24324124)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.2020-009, 2021 (Released:2021-03-23)
参考文献数
7

KH Coderを用いたテキストマイニングにおいて,筆者らが試みた具体的な分析手順や注意点を交えながら述べる.2018年に実施した化学構造式研修会の受講者を対象として,選択式および自由記述式の項目からなるアンケート調査を実施し,アンケート用紙から得られた自由記述中の語句の関係を検討するために共起ネットワーク分析を行った結果,研修内容に対する理解度にばらつきが生じていることが示唆された.理解度の差による自由記述内容の違いについて検討するため,自由記述内容と研修に対する自己評価による理解度との対応分析を行った結果,理解できた点および理解できなかった点に関する自由記述内容は,受講者の自己評価による理解度別で異なっており,我々が想定した各テーマの難易度と,受講者が実感した各テーマの難易度は一致していたことが示唆された.テキストマイニングを行う際には,実施者が明らかにしたい意図に応じて分析手法を使い分けたり組み合わせたりすることにより,テキストデータのより深い解析が可能となると考えている.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 6 posts, 36 favorites)

@ph_lelouch 私のレベルでは十分でした。手前味噌ですが、こちらの総説が参考になれば幸いです(^-^) https://t.co/FvVTCJN8l4
KHcoderの活用。私も大学の調査の自由記述はこのようにしてまず分析してみます。この事例の内容は最初のステップで、次にコーディングしてから分析するなどいろんなことが可能です。 テキストマイニングを用いたアンケート解析 - https://t.co/7WiyJ8Wqeq #ScholarAlerts
教育研究などで大量の自由記述アンケートを取った際に、どのように量的な解析な解析をするかについて、西村先生がまとめてくださいました。 私の作ったしょうもないアンケートから何とか論文に耐えうる解析結果を出して頂いたテキストマイニング分析のノウハウです。 https://t.co/53c5UkjxjW

収集済み URL リスト