著者
辻内 琢也 鈴木 勝己 辻内 優子 熊野 宏昭 久保木 富房
出版者
一般社団法人 日本心身医学会
雑誌
心身医学 (ISSN:03850307)
巻号頁・発行日
vol.45, no.1, pp.53-62, 2005-01-01 (Released:2017-08-01)
被引用文献数
6

本研究では, クラインマンが提唱した「説明モテル」を鍵概念として, わが国における民俗セクター医療を利用する患者の社会文化的背景に対して, 医療人類学的視点に基づいた質的研究法による解明が試みられた. 対象は東洋医学, 仏教医学, スピリチュアリズム理論に基づく治療実践を行う治療家Aのクライエントらとし, 自由記述式のアンケート調査および聞き取り調査が行われた. その結果, 民俗セクター医療を利用しやすい病態群や受療行動パターンが持定され, 病いの物語りからは, 人々が多元的医療システムの中でそれぞれのライフストーリーに裏づけられた価値観に基づいて, 自分に合った医療を主体的に選択していくありさまが認められた. 研究の背景と目的 「医療」が「人間の病気に対する対処行動の全体系」であると定義されるように, 現代社会には治療の基盤となる根本原理がまったく異なる複数のヘルス, ケア, システムが多元的, 多様的, 多層的に存在しており, そのありさまは「多元的医療システム(pluralistic medical systems)」とよばれる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 5 posts, 2 favorites)

スペースで紹介した論文です 民俗セクター医療を利用する患者の社会文化的背景 : 医療人類学的視点による質的研究 https://t.co/3wbYI9fJ5B
辻内先生のはこれか 民俗セクター医療を利用する患者の社会文化的背景 : 医療人類学的視点による質的研究 https://t.co/4jLlrThesx
こりゃすごい! https://t.co/sRAPikjx8z https://t.co/7u3lGkAQC6
これをまったくイメージ出来ないのって、良くも悪くもどっぷりと専門職セクターな思考になっていることが影響してるんだろうな、と考える。なんぞ?な人はこれ読むといいかも。「民俗セクター医療を利用する患者の社会文化的背景 : 医療人類学的視点による質的研究」https://t.co/MMfOajw9lp

収集済み URL リスト