言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 21 posts, 15 favorites)

#慢性疲労症候群 良好な患者‒医師関係に重要なこと 心理社会的背景を聴取する前に 1まずは十分に患者の話を聴くこと,2患者の言動に対して治療者側が価値判断をしないこと 3治療者側からの質問や説明は最小限に留めること 4共感的な… https://t.co/bUZR9bWVGk
#慢性疲労症候群 #筋痛性脳脊髄炎 感染後 CFS は,過労などの身体的・心理的ストレスと感染などの生物学的スト レスとの相互作用によって内分泌系・免疫系・ 神経系を介して感染後 CFS の発症や経過に影 響を及ぼしている可能性… https://t.co/zcYtMaHUqV
#慢性疲労症候群 スト レスによる #グルココルチコイド濃度 の上昇に よって #リポ多糖 投与による炎症をより増悪させることが報告さ れている 幼少期の心理的ストレスに ついても HPA軸を介して成長後の慢性炎症に 関連して… https://t.co/VOcCW3q91p
#慢性疲労症候群 事前に #グルココルチコイド受容体拮抗薬 や #ミノサイクリン ( #ミノマイシン® )(脳内の #ミクログ リア の活性を抑制する)を投与し症状を抑えることができた。ストレスと感染の相互作用で #HPA 軸 を… https://t.co/0BmH0HHQoj
#慢性疲労症候群 抑うつ・疲労に関しても慢性ストレス後 poly I:C を投与したラットのみで抑うつ疲労の遷延化が認められストレスや感染のみでは発症しないが ストレ スと感染が重なることまたは相互作用で長期間持続する疼痛や抑うつ… https://t.co/0AtnW6k9fh
#慢性疲労症候群 慢性ストレスやウイルス感染と同様に炎症を惹起させる物質である #poly I:C をラットに与えることで心身の状態(疼痛や抑うつ・疲労)がどのよ うに変化するか調べた.その結果,慢性ストレス後に poly… https://t.co/g9ukOCurZ8
感染後 #慢性疲労症候群 における心身の相互作用 CFS は #線維筋痛症 の合併率が高く,発症前に 過労や過活動などの身体的ストレスや心理的ス トレスに曝露された状況が多く認められ,感染を契機に慢性疲労症候群や線維筋痛症が発… https://t.co/DUSvVEOzK5
#慢性疲労症候群 後頭葉の体積が健常者と比較して小さいことが報告。疲労の程度と血中の #アシルカルニチン 濃度 との間に関連が認められPETを用いた局所の #アセチルカルニチン 代謝 研究では前帯状回や前頭前野や小 脳に局所のアセ… https://t.co/bauexZbFhB
#慢性疲労症候群 #PET を用いた研究、前帯状回でセロトニントランスポーターが低下していたことが報告。 血中や髄液中 の #炎症性サイトカイン の異常が報告されPET を用いた研究では,脳内の #ミクログリア や… https://t.co/QVrcJnw7Sb
近年分かってきた #慢性疲労症候群 患者の脳・神経系の 異常 MRIを用いた脳の形態学的な研究では両側の前頭前野の体積が健常者 と比較して小さく減少の程度と疲労の重症度との相関が認められたことが報告。減少した前頭前野が… https://t.co/kvevAa13wY

収集済み URL リスト