著者
宮田 洋
出版者
日本生理心理学会
雑誌
生理心理学と精神生理学 (ISSN:02892405)
巻号頁・発行日
vol.27, no.3, pp.225-234, 2009 (Released:2011-02-14)
参考文献数
25
被引用文献数
1 or 0

1904年にPavlovはノーベル生理学・医学賞を受けた。その受賞対象となったイヌの主要消化腺の働きに関する研究が偽飼法,小胃法,唾液瘻,膵臓瘻の研究と共に概説された。また,1901年から3年にわたり候補者として推薦されながら受賞できなかった主な理由,1904年の受賞時の様子,受賞後のPavlovの研究や生活,心理学に与えた影響などが述べられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 14 posts, 50 favorites)

収集済み URL リスト