著者
村山 綾 三浦 麻子
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.86, no.1, pp.1-9, 2015 (Released:2015-04-25)
参考文献数
35
被引用文献数
1

This study defined Belief in Just World (BJW) multidimensionally and investigated the effects of Belief in Immanent Justice (BIJ) and Belief in Ultimate Justice (BUJ) on victim derogation and draconian punishment of perpetrators. Study 1 tested the validity of the multidimensional structure of BJW and demonstrated relationships between BJW and other psychological variables. In Study 2, we measured the reactions to the victim and perpetrator in an injury case reported in a news article, and evaluated the relationships of these reactions to BIJ and BUJ. The results revealed that BIJ was associated with a preference in draconian punishment of the perpetrator, while BUJ was associated with dissociation from the victim (a type of victim derogation). In addition, as hypothesized, we found that dehumanization of the perpetrator partially mediated the relationship between BIJ and victim derogation. We discussed relationships between the two types of BJW and just-world maintenance strategies in the situation where a victim and a perpetrator are both recognized.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

「被害者が悪い」と言う思想は正当世界信念に関連する事が多いです。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/86/1/86_86.13069/_pdf 内在的公正世界信念、究極的公正世界信念、どちらも、被害者への肯定的態度を弱めますが 特に、内在的公正世界信念の方は、 ある出来事(特に被害)が起こった原因を,過去の行いによるものと信じる傾 ...

Twitter (22 users, 24 posts, 15 favorites)

@Don541964152 https://t.co/ie4mtqrm09 タップするとPDFファイルのダウンロードが始まる
【論文】村山・三浦(2015) 被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連――/究極的公正世界信念が強い人は被害者との心的距離を大きくするなど被害者非難につながる。対して、内在的公正世界信念は「加害者の非人間化」… https://t.co/D2hMFXD3Ls
村山 綾,三浦 麻子.被害者非難と加害者の非人間化―2種類の公正世界信念との関連―関西学院大学 https://t.co/rOEbdQbhF4
公正世界信念には、内在的公正世界信念と究極的公正世界信念の2種類が存在し、前者は被害者は過去の行いに起因するという考え方で、後者は被害者は将来的(来世含む)に救われるという考え方。 内在的公正世界信念が強い人は、被害者の行動批判を… https://t.co/QylLmXEI5E
https://t.co/oMjuz13XNx 『加害に至る理由が説明不可能で,被害者の被害の回復も望めない場合,加害者の悪魔化(demonize)や患者化(patientize)といった非人間化(dehumanizing)による信念維持方略につながる可能性が指摘されている』
@hassaku_m 個人差はありますが、多くの人が「良いことは良い人に、悪いことは悪い人に起こる」と信じる傾向があり、そのため第三者は被害者に非はなくても、被害者に非があると思い込もうとするそうです。 痴漢はどのような状況であっ… https://t.co/8KpuJxuLiO
J-STAGE Articles - 被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連―― https://t.co/4Ukr2Nqwf6
やっぱり加害者の悪魔化や厳罰志向に関連してそうよね、なんでこの点に触れられないのかずっと不思議だったんだけど / J-STAGE Articles - 被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連―― https://t.co/emiXruapLB
被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連―― https://t.co/YuHZQ3PmRM
えーなになに?どういう論文?あ,ひょっとして,これ? 「被害者非難と加害者の非人間化―2種類の公正世界信念との関連―」 https://t.co/8MTwebYaEe https://t.co/0AD88x8jSD
被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連―― http://t.co/SKHP4HzEbR
ついでに言うと心理学ワールドと一緒に来た心研の巻頭論文は村山・三浦でーす.http://t.co/8MTwecfLvM

収集済み URL リスト