著者
宇野 究人 浅野 倫子 横澤 一彦
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.89, no.6, pp.571-579, 2019 (Released:2019-02-25)
参考文献数
31

Grapheme-color synesthesia is a condition in which visual letters or characters induce a specific color sensation. It has been suggested that a range of linguistic properties influence synesthetic grapheme-color correspondence, but the influence of graphemic (orthographic) information is not well understood. In this experiment, synesthetes chose up to two synesthetic colors for each Japanese Kanji character. The results showed that characters that could be divided into right and left subcomponents (radicals) were associated with a higher number of synesthetic colors than characters that could not be divided. This tendency was stronger for projectors, who perceive colors visually in external space, than for associators, who perceive colors in their ‘minds eye’. The results of this study suggest that the graphemic information of Kanji characters affects the number of synesthetic colors, especially for projectors.

言及状況

外部データベース (DOI)

教えて!goo (1 users, 1 posts)

> 心理学の研究をやりたいなら、この大学を出てなどのある程度の道のりが決まっているの? 研究をするというだけでは、なんとも言えないように思います。 「こういう研究」という研究の内容とか方法によっては、ある程度の道のりのようなものも考えられると思います。 でも、多くの場合には、研究には「ある程度の道のり」は決まってはいないと思います。 心理学の研究でも、その他の研究でも、同じだと思います。 ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

https://t.co/kFupovzFsR 論文探してたらまータイムリーにw https://t.co/UnGRWyFiTb

収集済み URL リスト