著者
山本 雄大 佐藤 潤美 大渕 憲一
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.85.12044, (Released:2014-06-01)
参考文献数
33

The present study examined the negative evaluations and discrimination against smokers among the Japanese. In Study 1, 52 students rated one of four target-persons differentially depicted in terms of gender and smoking habit using scales to measure coolness, sociability, intellectuality, and earnestness. The results showed that participants rated smokers more negatively than nonsmokers except for sociability. Those who perceived smoking as controllable rated smokers’ earnestness even more negatively, suggesting that the negative evaluations are partially moderated by the perceived controllability of smoking. To examine a hypothesis that negative evaluations of smokers would mediate discrimination, in Study 2 we measured how participants (96 students) responded to target persons asking for a loan or a job, as well as their ratings of the targets on the Big Five personality dimensions. The results support the hypothesis of mediation.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

[行政] 喫煙を制御可能と認知する参加者ほど,喫煙習慣を持つ人を不真面目で制御努力を怠る人物として評価しやすく...

Twitter (7 users, 8 posts, 0 favorites)

この論文を読んだ時,今や喫煙者に対する態度はこんなにネガティブなのか…と驚いた記憶があります。 喫煙者に対する否定的評価と差別 https://t.co/rtgZcZaS4F
喫煙を制御可能と認知する参加者ほど,喫煙習慣を持つ人を不真面目で制御努力を怠る人物として評価しやすく... / “[pdf]喫煙者に対する否定的評価と差別 - J-Stage” https://t.co/AwvhXknrQP
“[pdf]喫煙者に対する否定的評価と差別 - J-Stage” https://t.co/49WgeIFvrs
@siburu 参考になるかどうかわかりませんが、ファイザー株式会 社の日本人に対する調査では、参加者自身が喫煙者であっても,喫煙者よりも非喫煙者を恋愛相手や配偶者として選択する傾向があったとのことです。https://t.co/b8uVnIaI8f
手元に届いた心研を見ていたら,TIPI-J使ってもらっているのを見つけた→喫煙者に対する否定的評価と差別 http://t.co/mYsrk3JKgu

収集済み URL リスト