著者
元木 康介 石川 伸一 朴 宰佑
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.92.20402, (Released:2021-01-31)
参考文献数
108

The potential use of insects as a novel food resource has recently attracted a great deal of attention because of their environmental and nutritional benefits. Nevertheless, despite growing interest in the use of insects as food, residents of economically developed countries tend not to accept insect-based foods. This study reviewed earlier reports of the literature of consumer acceptance of insect-based foods. Based on the literatures, this review established a theoretical model of acceptance of insect-based foods. Sensory attributes (e.g., taste, smell, appearance) and cognitive attributes (e.g., nutritional value, environmental benefits), and individual traits (e.g., gender, food neophobia, sensation seeking) might influence the acceptance of insect-based foods via emotional processing (e.g., disgust, anxiety, excitement, curiosity). The practical implications for industries and future prospects are discussed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (31 users, 32 posts, 132 favorites)

この論文けっこうおもしろい
[昆虫食受容に関する心理学的研究の動向と展望] https://t.co/Hsl0y5OPBc
あとでじっくり読む! 「昆虫食受容に関する心理学的研究の動向と展望」 https://t.co/C9J5HqxtS3
昆虫食に関する論文です。嫌悪感には3つの分類(中核的嫌悪・動物性想起の嫌悪・社会道徳性嫌悪)があり、本能的な嫌悪感を、接触経験でなじませ、栄養素や環境意識を訴求し普及するのが良い、面白い論文です。 J-STAGE Articles-昆虫食受容に関する心理学的研究の動向と展望 https://t.co/LzJf603dfr
昆虫食受容に関する心理学的研究の動向と展望 https://t.co/KyalUbxV8y
世界の注目を集めている昆虫食ですが、嫌悪感などの心理面をいかに克服するかが今後の普及のカギでしょう。 昆虫食受容への理解の深化や促進のための国内外の心理学的研究をまとめた論文を同僚の元木先生と武蔵大学の朴先生と出しました。私自身とても勉強になった総説です。 https://t.co/1IHiwXVy4E https://t.co/AnXLGa5e1E

収集済み URL リスト