著者
伊藤 裕子 相良 順子 池田 政子 川浦 康至
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.74, no.3, pp.276-281, 2003-08-25 (Released:2010-07-16)
参考文献数
27
被引用文献数
32 17

In this study, a subjective well-being scale was developed, and its reliability and validity evaluated. The Subjective Well-Being Scale (SWBS) had twelve items which covered four domains. It was administered to 1005 adults and 520 college students. Results indicated that for the students, college life satisfaction and self-esteem had positive correlations with SWBS score. For the adults, marital satisfaction, workplace satisfaction, and household income satisfaction had positive correlations with the score. These findings showed considerable constructive validity for SWBS. In addition, internal consistency was sufficiently high, indicating the measure's high reliability. SWBS may be a simple but reliable and valid measure, and it is useful for examining subjective well-being of both adults and college students.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

>善とはある一定のコミニュティ内の全体の幸福度の合計値を上げる行動である。 かなり功利主義に近いんじゃないでしょうか。 ベンサムらは快楽=幸福=善と考えましたから。 一つの立場としてかなり普遍性を持つものだと思います。 なお、幸福度の合計値を測定するには不可能、と見る向きもありますが、私はそんなことはないと思っています。 例・貨幣価値から考える https://information-sta ...

Twitter (14 users, 14 posts, 2 favorites)

主観的幸福感尺度の作成 と信頼性 ・妥当性の検討1 https://t.co/pH23Zc6E83 こういう原点研究は面白いし興味深い。
@princessss_LuLu https://t.co/k4EiNegvQY これです!結果も得られているみたいですし、完成度は高いかなと...あとこの論文の引用元や引用先についていくつか読んでみたんですけど、幸せについて考えるいい機会になりましたw
@murashinn https://t.co/VpyL7frf64
一般の手続きとしてバックトランスレーション使うし、おそらくこの話で言う「happy」は日本語で「面白いと感じる」とか「幸せを実感する時はあるか」とかになるわよ https://t.co/Tj8AVZlr95
この論文を参考研究としてあげてたなぁ
https://t.co/0PkK9xnezE
@hideman2009 前に読んだことのあるものでは、主観的幸福度尺度(伊藤、相良ら、2003)https://t.co/91jVUwGFlXとか、多面的楽観性尺度でしょうか。https://t.co/LMoqcMHWUE
WHO SUBI よくわからん! https://t.co/5Lxab7slaj

収集済み URL リスト