著者
中木村 和彦 佐伯 仁 佐伯 真理子 白澤 由美子 中野 智子
出版者
日本蘇生学会
雑誌
蘇生 (ISSN:02884348)
巻号頁・発行日
vol.40, no.1, pp.1-6, 2021-04-26 (Released:2021-05-10)
参考文献数
10

36名を,4,6,12ヶ月の3群に分け,一次救命処置(BLS)講習受講後,傷病者の虚脱発見から心肺蘇生とAEDによるショックまでの時間(BLS時間)と50回連続の胸骨圧迫の質の適切性を調べた。初回講習後,4,6ヶ月群は,それぞれ4,6ヶ月間隔で,スキル保持の評価と簡単な講習を行い,12ヶ月後に全群スキル保持の程度を調べた。 12ヶ月後の胸骨圧迫の質に群間差はなかったが,BLS時間は,12ヶ月群が他の2群よりも有意に長かった。4ヶ月群ではBLS時間に有意な経時変化を認めなかったが,6と12ヶ月群のBLS時間は1年後有意に延長した。 BLSのスキル保持には4ヶ月ごとに講習を受ける必要がある。キーワード:心肺蘇生術,一次救命処置,反復講習,スキル保持,胸骨圧迫

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

心肺蘇生術のスキル保持に必要な学習頻度と関係因子の検討 https://t.co/tBzTzRso4I #心肺蘇生法のスキル維持 には,定期的なトレーニングが必要と考えられます. 「BLS時間」と定義した連続変数のトレーニング期間における比較. 4ヶ月毎のトレーニングが良さそう.
心肺蘇生術のスキル保持に必要な学習頻度と関係因子の検討 https://t.co/SlkTsjlJn4 心肺蘇生法のスキル維持には,定期的なトレーニングが必要と考えられます. 「BLS時間」と定義した連続変数のトレーニング期間における比較. 4ヶ月毎のトレーニングが良さそうです.

収集済み URL リスト