著者
平川 仁尚
出版者
一般社団法人 日本農村医学会
雑誌
日本農村医学会雑誌 (ISSN:04682513)
巻号頁・発行日
vol.63, no.4, pp.679-682, 2014 (Released:2015-03-10)
参考文献数
1

最近増加傾向にある医療的背景を持たないケアマネジャーは訪問看護師など医療者とのコミュニケーションを苦手としているといわれる。そこで, 訪問看護師とケアマネジャーのコミュニケーションを円滑にするための教材作成の基礎資料とするため,「ケアマネジャーを悩ませる訪問看護師の行動傾向」をテーマに参加者に約1時間グループ討論してもらった。参加者は8人で, その内訳は職種別に医師1人, 看護師1人, 医療系 (看護系) ケアマネジャー2人, 非医療系ケアマネジャー3人, 福祉職1人であった。出された意見をKJ法の技法の一部分を用いてグループ化した結果,「病院と同等の医療管理レベルをチームに要求する」,「必要最低限の業務しかしたくない」,「在宅経験が少なく, 知識が医療的なものに偏っている」,「権威勾配を背景にチームを上から管理しようとする」,「クライアントや家族の前で感情をコントロールできない」,「専門用語を使いすぎる」,「特別指示書に変えたがる」の7グループが抽出された。こうした訪問看護師に対するケアマネジャーの本音は, 病院から地域・在宅に医療の重心がシフトしていく中で, 病院外における看護師の在り方を考える上で重要な情報である。一方, ケアマネジャーにとっても訪問看護師の行動傾向を知ることでマネジメントのノウハウを蓄積しやすくなるものと期待される。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrm/63/4/63_679/_article/-char/ja/

Twitter (6 users, 7 posts, 0 favorites)

https://t.co/StNpfixsBD
ケアマネを悩ませる訪問看護師の行動傾向について。 専門職の枠を超えていかないと! https://t.co/H3Uk9xlnzK
ケアマネを悩ませる訪問看護の行動特性について。 いろんな職種でやりあえばコミュニケーションギャップについて一定の知見が得られそうだなー。 http://t.co/P8AfWACPzo
ケアマネジャーを悩ませる訪問看護師の行動傾向について http://t.co/lJ552F0y7b
ケアマネジャーを悩ませる訪問看護師の行動傾向について http://t.co/NiJBksjTyr

収集済み URL リスト