著者
春山 幸志郎 川上 途行
出版者
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
雑誌
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine (ISSN:18813526)
巻号頁・発行日
vol.52, no.6, pp.352-357, 2015 (Released:2015-07-04)
参考文献数
23

目的:脳卒中患者におけるTimed Up and Go test(以下TUG)と運動イメージ能力を反映したimagined TUG(以下iTUG)の時間差の指標が転倒予測に有用か否かを明らかにすること.方法:脳卒中患者47 名の自宅退院後6 カ月間の転倒発生を追跡調査した.ベースラインとして対象者の年齢,性別,疾患名,麻痺側,罹病期間,転倒歴,歩行補助具の有無,MMSE,TUG,TUGとiTUGの時間差(delta time)を退院時に評価した.転倒および評価結果からロジスティック回帰分析を実施し,転倒予測因子を抽出した.結果:追跡可能であった対象者は33 名であり,転倒率は48.5 %であった.解析の結果,delta timeのみが有意な因子であり(p<0.01),転倒予測のためのカットオフ値は0.88 %であった.結論:脳卒中者における自宅退院後6 カ月間の転倒発生はdelta timeにより識別可能であった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 8 favorites)

動画は普通のTUGです。 繰り返しdelta timeを評価することが、過剰に高い自己効力感の是正に繋がる可能性がありますね。 https://t.co/Juv2qdNXFn

収集済み URL リスト