著者
大森 信介
出版者
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
雑誌
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine (ISSN:18813526)
巻号頁・発行日
vol.53, no.10, pp.762-764, 2016-10-18 (Released:2016-11-17)
参考文献数
10

手関節は橈骨手根関節,手根中央関節,遠位橈尺関節の複合運動により,掌背屈,橈尺屈,回内外運動が可能な関節である.手関節の効果的なリハビリテーションを行うためには,手関節の機能解剖を理解することが重要である.しかし,手関節の3次元バイオメカニクスを含めた機能解剖についてはいまだ解明されていない部分も多く,議論も多い.本稿では,まず手関節の正常機能解剖について述べ,次に手関節外傷として頻度の高い橈骨遠位端骨折,DISI変形に代表される手根不安定症における3次元手関節バイオメカニクスについて述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 8 favorites)

✅手根骨の可動性低下 最近肘や手疾患の方の手根骨の可動性低下や母指球や小指球の筋膜の滑走性低下に介入することが多いです。 介入すると手関節の可動性や疼痛も改善することが多く改めて重要性を再認識しています。 バイオメカニクス 手のスペシャリストって誰だ? https://t.co/00ns4r2DQ7

収集済み URL リスト