著者
津田 英一
出版者
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
雑誌
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine (ISSN:18813526)
巻号頁・発行日
vol.54, no.10, pp.740-745, 2017-10-18 (Released:2017-12-04)
参考文献数
13

骨格筋は身体運動を行うための最終的な出力器官としての役割を担っている.その最小単位は筋原線維を構成する筋節であり,収縮タンパク質であるミオシンとアクチン間で滑走が生じることで筋は収縮する.筋に発生する張力はその生理的断面積と,筋収縮速度はその筋長と相関し,筋の基本的な機能的特性を決定づける.臨床的に測定される筋力は,関節運動によって発生するモーメントによって提示されることが多く,筋張力以外にも関節の構造や屈曲角度の影響を受ける.筋力増強にはさまざまな原則や特異性が存在するため,それらを十分理解したうえで処方することが効率よく増強効果を得るために必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

筋力増強の理論 #論文_メモ https://t.co/FTqnIGg6Rp
身体を太くするという意味で非常に正しいと思います 知らんけど 似たようなこと書いてある2本なので気分転換にでも読んで https://t.co/Bzlek2gWiW https://t.co/Pjz55WgI97
@ryuto_matsubara 大丈夫です!! 拙い説明で申し訳ありません。 こちらの文献を参考に書かせていただいたので、ぜひお時間のあるときに一読ください! https://t.co/9VwpNIAOhq

収集済み URL リスト