著者
高橋 真治 呉屋 朝幸
出版者
日本臨床外科学会
雑誌
日本臨床外科学会雑誌 (ISSN:13452843)
巻号頁・発行日
vol.76, no.8, pp.2081-2086, 2015 (Released:2016-02-29)

シートベルト症候群は,交通事故の際にシートベルトによって腹部が強く圧迫されることにより発症し,腰椎骨折と小腸損傷などの腹腔内臓器損傷が同時に引き起こされることがある.外傷性小腸穿孔は診断が難しく開腹を決定するのに時間が掛かることがあるが,腰椎骨折を合併している場合は高率に腹腔内臓器損傷が合併することが知られている.そのため,腹部所見や画像検査所見で開腹が必要な所見が得られなくても,腰椎骨折を認めた場合は積極的に腹腔内臓器損傷を疑い,開腹のタイミングを逃さないことが重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (44 users, 44 posts, 24 favorites)

RT 論点がずれてきてるとは言え、ワクチン不要論と、シートベルト不要を一緒にされては困りますね・・・。 デメリットを上回るメリットってやつですか。 https://t.co/tIluA46oYb たしかに、レアケースだけど、ベルト着用で防げた障害は多いと思うよね。

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsa/76/8/76_2081/_pdf (44)