著者
西川 隆太郎 森本 雄貴 濱口 哲也 浦田 久志 寺邊 政宏 三木 誓雄
出版者
日本臨床外科学会
雑誌
日本臨床外科学会雑誌 (ISSN:13452843)
巻号頁・発行日
vol.77, no.4, pp.883-886, 2016 (Released:2016-10-31)
参考文献数
5

症例は70歳,男性.10日前に,経肛門的に直腸に牛乳ビンを自己挿入したが摘出不能となっていたため,下腹部不快感と残便感を主訴に当院救急外来を受診した.来院時,直腸内に口側に向かって開口した牛乳ビンの存在が確認された.消化管穿孔の合併はなく,透視下に鉗子・バルーン・スネアによる摘出を試みたが,摘出は不可能であった.そのため,市販の吸盤と紐で即興に作成した吸引器具による摘出を試みたところ,容易に摘出に成功し,手術を回避することができた.今回用いた手技は非常に簡便かつ効果的であり,従来の方法では摘出困難な直腸内異物に対して,特に有効な方法と考えられるものであり,若干の文献的考察を加えて報告する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

https://t.co/wrsWYct6L5 こういうの勝手にドラマ感じちゃうんですよね https://t.co/q1ldjT3hSK
https://t.co/BBH1QzCi8L
1 1 https://t.co/F3OUVJQuy5
市販のシリコン製吸盤を用い無麻酔で摘出した直腸内異物の1例 https://t.co/jR5wHt74c7

収集済み URL リスト