著者
住谷 昌彦 柴田 政彦 眞下 節 山田 芳嗣 厚生労働省CRPS研究班
出版者
日本臨床麻酔学会
雑誌
日本臨床麻酔学会誌 (ISSN:02854945)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.420-429, 2010 (Released:2010-09-15)
参考文献数
16
被引用文献数
2 or 0

複合性局所疼痛症候群(CRPS)は激しい痛みに加え,早期から廃用障害を引き起こすことがある.1994年に国際疼痛学会(IASP)からCRPSの判定指標が提唱され広く利用されるに至ったが,その曖昧さから感度は高いが特異度がきわめて低いという問題点が指摘された.米国ではこの問題を解消しようと特異度を効率的に上げる研究がなされ,新たな判定指標が提唱された.そこで厚生労働省CRPS研究班が組織され,米国の研究にならい本邦独自のCRPS判定指標作成を行った.本稿では,a)本邦のCRPS患者の評価と判定指標の作成と,b)CRPS type 1とtype 2という分類の必要性の2点について概説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

山中克郎教授による教育症例カンファレンス 2014年1月7日 「左指の腫れと痛みが治らない」 患者:65歳男性  現病歴: 6か月前、デッキブラシで大掃除、翌日から左第2指の痛み、しばらくして指の腫れとしびれを自覚。3か月前より左第3指の腫脹。現在、左手第2-4指腫脹、左手全体のしびれ、指を曲げることができない。左肩の痛み、指が汗ばむ。 手を挙上すると楽になる 起床時は指の腫脹は減少。整形外科、膠 ...

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

本邦における #CRPS の判定指標 厚生労働省CRPS研究班 https://t.co/SKcXHzQilt CRPSの早期診断義務 https://t.co/2Uuog0gWPy CRPS( #複合性局所疼痛症候群 )… https://t.co/ZjKzqJly9S

収集済み URL リスト