著者
橋爪 圭司 渡邉 恵介 藤原 亜紀 佐々岡 紀之 古家 仁
出版者
日本臨床麻酔学会
雑誌
日本臨床麻酔学会誌 (ISSN:02854945)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.141-149, 2011 (Released:2011-03-11)
参考文献数
12
被引用文献数
1

髄膜が破れて髄液が漏れると低髄液圧性頭痛が発症する.代表的なものに硬膜穿刺後頭痛がある.特発性低髄液圧性頭痛(特発性脳脊髄液減少症)は頚・胸椎からの特発性漏出が原因で,造影脳MRI,RI脳槽造影,CT脊髄造影などで診断される.自験ではCT脊髄造影での硬膜外貯留が最も確実であった.むちうち症が髄液漏出であるとの意見があり(外傷性脳脊髄液減少症),RI脳槽造影における腰椎集積が漏出と診断される.われわれはRI脳槽造影とCT脊髄造影を43症例で比較したが,腰椎集積はCT脊髄造影では正常神経根鞘であった.CT脊髄造影を診断根拠とした291症例では,1症例の外傷性脳脊髄液減少症も発見できなかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

教えて!goo (1 users, 1 posts)

特発性低髄液圧性頭痛、かな。 日本臨床麻酔学会 vol.31 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/31/1/ … 特発性低髄液圧性頭痛は,特発性頭蓋内圧低下症とも呼ばれ,もともと硬膜に憩室などの脆弱部位があり,それが特発性に破れて髄液が漏れるのが原因で,誘因なく突然に起立性頭痛を発症する疾患である.

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

「後期291症例のうち16症例は外傷性 #脳脊髄液減少症 (TCH)と診断できたが、CT脊髄造影を診断の根拠とした結果、SCHでない髄液漏出は 1 症例も発見できなかった」 https://t.co/05BuGvHY1n
論文の全文が見つかりました。 「典型症例は少なく、正常髄圧と、正常硬膜所見を示す」のが特徴とされ、RI脳槽造影が診断根拠とされるTCH(外傷性 #脳脊髄液減少症 )が実在するのかは極めて疑わしい。 https://t.co/pVoFhihI2x https://t.co/Ulam2swoFz

収集済み URL リスト