著者
橋爪 圭司 渡邉 恵介 藤原 亜紀 佐々岡 紀之 古家 仁
出版者
日本臨床麻酔学会
雑誌
日本臨床麻酔学会誌 (ISSN:02854945)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.141-149, 2011 (Released:2011-03-11)
参考文献数
12
被引用文献数
1

髄膜が破れて髄液が漏れると低髄液圧性頭痛が発症する.代表的なものに硬膜穿刺後頭痛がある.特発性低髄液圧性頭痛(特発性脳脊髄液減少症)は頚・胸椎からの特発性漏出が原因で,造影脳MRI,RI脳槽造影,CT脊髄造影などで診断される.自験ではCT脊髄造影での硬膜外貯留が最も確実であった.むちうち症が髄液漏出であるとの意見があり(外傷性脳脊髄液減少症),RI脳槽造影における腰椎集積が漏出と診断される.われわれはRI脳槽造影とCT脊髄造影を43症例で比較したが,腰椎集積はCT脊髄造影では正常神経根鞘であった.CT脊髄造影を診断根拠とした291症例では,1症例の外傷性脳脊髄液減少症も発見できなかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

教えて!goo (1 users, 1 posts)

特発性低髄液圧性頭痛、かな。 日本臨床麻酔学会 vol.31 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/31/1/ … 特発性低髄液圧性頭痛は,特発性頭蓋内圧低下症とも呼ばれ,もともと硬膜に憩室などの脆弱部位があり,それが特発性に破れて髄液が漏れるのが原因で,誘因なく突然に起立性頭痛を発症する疾患である.

Twitter (3 users, 13 posts, 10 favorites)

@coco_aqua 参考にしてください。 https://t.co/BKfNudNQqx https://t.co/05BuGvHY1n https://t.co/TZXc7gED92
@snti78924580 参考にしてください。 https://t.co/kMFGIMAhfT https://t.co/BKfNudNQqx  https://t.co/05BuGvHY1n  https://t.co/TZXc7gED92 
@6amqDxMCBu2eZ6t なるほど。 髄液漏れは外傷では起こらず、ほとんど突発性か穿刺から起こるとされています。 関節が柔らかいか、皮膚が伸びやすいみたいなことはありますか?そのような人が突発性の髄液漏れを起こすことが多いようです。 これらも参考に! https://t.co/05BuGvHY1n https://t.co/TZXc7gED92
@wshin77 お久しぶりです。 先生は #慢性疲労症候群 と #脳脊髄液減少症 との関連はどのようにお考えですか? https://t.co/BKfNue5rP7 https://t.co/05BuGvZzpX https://t.co/TZXc7gn2hu
@MECFS_0512 #慢性疲労症候群 #線維筋痛症 患者がブラッドパッチを次々と受けていることに対して、どのように思ってらっしゃいますか? https://t.co/BKfNudNQqx https://t.co/05BuGvHY1n https://t.co/TZXc7gED92
@sawataishi #慢性疲労症候群 や #線維筋痛症 患者が次々と #ブラッドパッチ を受けていますが、誤診が多いと思いませんか? 誤診でブラッドパッチを受けているとしたら、大変なことではないですか? https://t.co/BKfNudNQqx https://t.co/05BuGvHY1n https://t.co/TZXc7gED92
@utu_link まずは、この論文を読んでください。誤診だらけです。 https://t.co/BKfNudNQqx https://t.co/05BuGvHY1n
@a6LzoKmzJDFQAaT @222oyasuminasai これも。 https://t.co/05BuGvHY1n 篠永医師が、既存の髄液漏れとは全く異なった説を展開していったのはご存知ですか?
「後期291症例のうち16症例は外傷性 #脳脊髄液減少症 (TCH)と診断できたが、CT脊髄造影を診断の根拠とした結果、SCHでない髄液漏出は 1 症例も発見できなかった」 https://t.co/05BuGvHY1n
論文の全文が見つかりました。 「典型症例は少なく、正常髄圧と、正常硬膜所見を示す」のが特徴とされ、RI脳槽造影が診断根拠とされるTCH(外傷性 #脳脊髄液減少症 )が実在するのかは極めて疑わしい。 https://t.co/pVoFhihI2x https://t.co/Ulam2swoFz

収集済み URL リスト