著者
浜井 浩一
出版者
日本犯罪社会学会
雑誌
犯罪社会学研究 (ISSN:0386460X)
巻号頁・発行日
vol.29, pp.10-26, 2004-10-18 (Released:2017-03-30)

2003年に実施された衆議院議員選挙において,主要政党のほとんどが,犯罪・治安対策を重要な争点として取り上げるなど,日本において,現在ほど,犯罪や治安が大きな社会問題となったことはない.世論調査の結果を待つまでもなく,多くの国民が,疑問の余地のない事実として,日本の治安が大きく悪化していると考えている.本稿では,これを「治安悪化神話」と呼ぶ.本稿では,まず最初に,日本の治安悪化神話の根拠となっている犯罪統計を検証する.そして,治安悪化を示す警察統計の指標は,警察における事件処理方針の変更等による人為的なものであり,人口動態統計等を参照すると,暴力によって死亡するリスクは年々減少しつつあること,つまり,治安悪化神話は,必ずしも客観的な事実に基づいていないことを確認する.次に,治安悪化神話の生成過程について,マスコミによる凶悪犯罪の過剰報道,それによって作られたモラル・パニックを指摘しつつ,さらに,一過性であるはずの治安悪化言説が,マスコミ,犯罪被害者支援運動と支援者(advocates),行政・政治家,専門家の共同作業を通して,単なるパニックを超えて,社会の中に定着していく過程を分析する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

@hiroshima_pot そもそも国ごとに刑法が違うというのもあるし、同じ国の同じ刑法でも犯罪統計は眉唾というのは有名な話 https://t.co/QpIvabuAEg
ciniiで調べ物していたら面白そうな論文を見つけたのでメモ。犯罪社会学か。。 「日本の治安悪化神話はいかに作られたか:治安悪化の実態と背景要因 (モラル・パニックを超えて)」(I 課題研究 日本の治安と犯罪対策-犯罪学からの提言) https://t.co/3WKCTLmIex
J-STAGE Articles - 日本の治安悪化神話はいかに作られたか(I 課題研究 日本の治安と犯罪対策-犯罪学からの提言) https://t.co/qpH8u6reAK

収集済み URL リスト