著者
山本 利一 鈴木 航平 岳野 公人 鹿野 利春
出版者
日本教育情報学会
雑誌
教育情報研究 (ISSN:09126732)
巻号頁・発行日
vol.33, no.1, pp.41-48, 2017 (Released:2017-09-10)
参考文献数
13

小学生を対象にした「プログラミング教育」は,日本国内では必修化に向け様々な取り組みが行われている.これまでの先行研究から,プログラミングを学習することで,ものごとを順序立てて考える訓練がなされ,論理的な思考力が身につくことが示されている.そこで本研究においては,小学校中学年を対象に,タブレットを用いたプログラミングを学習する指導過程について検討した.指導過程は4時間を設定し,ものごとを順序立てて考えることの大切さを学習するために行った授業実践を報告する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

山本利一・鈴木航平・岳野公人・鹿野利春(2017).初等教育におけるタブレットを活用したプログラミング学習の提案 教育情報研究,33(1),41-48.[PDF]https://t.co/WxOpTlMcmR

収集済み URL リスト