著者
谷田 恵子 楊箸 隆哉 本田 智子 柴田 真志
出版者
一般社団法人 日本看護研究学会
雑誌
日本看護研究学会雑誌 (ISSN:21883599)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.1_191-1_198, 2011-04-01 (Released:2016-03-05)
参考文献数
28

本研究では,睡眠時の心拍変動(HRV)データを1分と5分間区分でMemCalc法により周波数解析してHRV指標を求め,PSGで判定した各睡眠段階におけるHRV指標についてそれぞれ比較検討した。20~44歳の女性8名から得られた16夜分のPSGおよびHRVデータを解析した。HRV解析は,超低周波数高領域(0.016~0.04Hz:VLF-hi),低周波数(0.04~0.15Hz:LF),高周波数(0.15~0.4Hz:HF)の各帯域のパワースペクトル値を算出した。LF/HF,HF/(LF+HF),HF/(VLF-hi+LF+HF),VLF-hiの4つの指標において,1分と5分間区分解析共に,REM睡眠,浅睡眠,深睡眠の各睡眠段階間に有意な差が認められた。これまでHRV周波数解析指標の算出は5分間区分が主であったが,睡眠段階の推定にはPSGの1エポック20~30秒により近似する1分間区分解析結果を用いる方が有用である可能性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

>脈の動きとかで、深い•浅い睡眠、ストレスの計測する GARMINの利用者です 睡眠について質問者さんと同様な疑問を抱き調べてみましたが、理解に至りませんでした。人体生理学に基づいて導いているのは確かです。 睡眠の質は、安静時心拍数および心拍変動HRVと睡眠段階に相関関係があるようです。 ストレスレベルは、活動量および心拍数とストレスレベルに相関関係があるようです。 詳しくは、医学カテゴリに ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

1分間区分における各睡眠段階の 心拍変動パワースペクトル指標値の比較 (https://t.co/4mXKyHiYzR )

収集済み URL リスト