著者
木下 真佐子 橋爪 圭司 渡邉 恵介 林 浩伸 古家 仁
出版者
一般社団法人 日本ペインクリニック学会
雑誌
日本ペインクリニック学会誌 (ISSN:13404903)
巻号頁・発行日
vol.19, no.4, pp.475-481, 2012 (Released:2012-11-16)
参考文献数
22
被引用文献数
1

【目的】髄液漏出の検出にRI脳槽造影やCT脊髄造影が用いられるが,両者の直接比較はない.国際頭痛分類基準を満たす特発性低髄液圧性頭痛18症例で両検査の所見を比較した.【方法】対象は男/女=8/10,平均年齢41.7歳,特に誘因なく典型的な起立性頭痛を発症し,造影脳MRIにて全周性硬膜増強を認め,硬膜外自家血パッチで治癒し,特発性低髄液圧性頭痛と診断された.RI脳槽造影は腰椎穿刺してインジウム111を投与し経時的にカウントし,CT脊髄造影はイオヘキソール10 mlを髄腔内注入し全脊椎CTを撮影した.【結果】RI脳槽造影で間接所見(早期膀胱集積,上行遅延)は全症例でみられたが,直接所見(傍脊椎集積)は12症例(検出率67%)であった.CT脊髄造影では,傍脊椎集積を認めなかった6症例を含め全症例で造影剤の硬膜外貯留を認め,その部位は主に頸・胸椎であった.RI脳槽造影は,腰・仙椎の正常神経根鞘を検出した場合があった.【結論】CT脊髄造影による硬膜外貯留の証明は,現に今,漏出している髄液瘻の存在を意味する.典型的な髄液漏出の診断には,RI脳槽造影よりもCT脊髄造影が鋭敏であった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 8 posts, 6 favorites)

#ブラッドパッチ 一回目で67%が治癒、2回目で100%が治癒。髄液圧が60-70mmH20ぐらいが多いですね。国際基準の診断法の正確さが分かります。 #慢性疲労症候群 や #線維筋痛症 ではその3倍ぐらいの髄液圧の人が多いです… https://t.co/JlTE6CsqPX
RIよりもCT脊髄造影が鋭敏である。 https://t.co/CSflJrIViD
RIシンチによる偽陽性について述べられている論文がまた見つかりました。 「CT 脊髄造影所見と比較すると,腰, 仙椎領域の正常神経根を検出した偽陽性も含まれた.」 https://t.co/CSflJs0wab #脳脊髄液減少症
「RI脳槽造影は,腰・仙椎の正常神経根鞘を検出した場合があった」「典型的な髄液漏出の診断には,RI脳槽造影よりもCT脊髄造影が鋭敏であった.」 https://t.co/ZkDWHysnsA #脳脊髄液減少症
日本ペインクリニック学会第47回大会で日本ペインクリニック学会誌優秀論文賞を受賞された論文 「特発性低髄液圧性頭痛における髄液漏出の検出にはRI脳槽造影よりもCT脊髄造影が鋭敏である」木下 真佐子ほか はこちら→http://t.co/BK9Jxp2jck #脳脊髄液減少症

収集済み URL リスト