著者
石坂 友司
出版者
日本スポーツ社会学会
雑誌
スポーツ社会学研究 (ISSN:09192751)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.115-127,155, 2003-03-21 (Released:2011-05-30)
参考文献数
65

明治44 (1911) 年に新聞紙上で繰り広げられた「野球害毒論争」は我が国の近代スポーツの受容に際して, 多数の教育家・知識人がそのあり方について意見をたたかわせた歴史的意義を有する論争である.本稿はこれまで野球史上に位置づけられて論じられることの多かったこの論争を,我が国の教育制度を特徴づける学歴主義の整備・拡張という文脈からとらえ返す試みである. 本稿では以下のような考察を試みた.第一に, この論争の背景を当時の教育制度の整備・拡張というコンテクストに結びつけて論じた. そこでは進学の困難さと智育 (試験) 重視のメカニズムが一つの教育問題として議論されていたことを示した. その一方で, 運動を行うことが学業との関係から弊害として認識され, 野球が管理・統制の対象として把握される背景を明らかにした.第二に, 論争は官・私の対立という側面をもち, 官立の教育者による野球排斥論は, 当時台頭していた私大への批判の論理から展開されていたことを明らかにした. これに対する私学の応戦は, 学歴主義の制度化に抗う一つの差異化戦略であったことを示した.以上のように, 論争はP. ブルデューの文化的再生産論の視角から, 文化の「正統性」をめぐる象徴的闘争という側面をもつ「教育論争」として定立していたことが論じられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

「彼様に迄して野球をやらなければ教育が出来ぬと云ふなれば早稲田, 慶応は打潰して政府に請願し適当なる教育機関を起して貰ふがいい」[磯部, 1911] 「其弊害を助長したものは誰であるかといふに第一に早稲田や慶応の如き私立大あんな学を数へねばならぬ」[菊池,1911] https://t.co/yMtknTVyFm
『「野球害毒論争 (1911年)」再考 「教育論争」としての可能性を手がかりとして』石坂 友司 https://t.co/pWBeUFgtLh “……弊害と認識されるに至った野球を私学が積極的に奨励することで、官学に対する対抗的な「卓越化」戦略を展開したと考えられる”
ちなみに2008年までの学会誌はすでに公開されており、石坂のマニアックな論文2本もこちらでお読みいただけます。帝国大学ボート部の研究→ https://t.co/GNYbO6ZoAN /野球害毒論争に関する研究→ https://t.co/b356ynghKz

収集済み URL リスト