著者
石倉 宏恭 丸山 隼一 入江 悠平 泉谷 義人 内藤 麻巳子 鯉江 めぐみ 星野 耕大 仲村 佳彦
出版者
一般社団法人 日本血栓止血学会
雑誌
日本血栓止血学会誌 (ISSN:09157441)
巻号頁・発行日
vol.31, no.4, pp.398-408, 2020 (Released:2020-08-12)
参考文献数
31
被引用文献数
2 2

今回,重症新型コロナウィルス2019(Coronavirus disease 2019: COVID-19)患者の凝固線溶異常について,若干の知見を得たので報告する.症例は6症例で,ICU入室から8日間の経過で血小板数が10×104/mm3未満に低下したのは1例のみであった.prothrombin time-international normalized ratio(PT-INR)は経過を通じて概ね正常で,activated partial thromboplastin time(APTT)は経過中5例で正常上限を上回ったが,1例を除き大きく延長する事は無かった.一方,FDPとD-dimerは経過中,正常上限を超えて推移し,2例は第7病日以降に著明な再上昇を来した.以上より,重症COVID-19患者は感染症にも関わらず,凝固線溶異常は「線溶抑制型」でなく,あたかも「線溶亢進型」の様相を呈していた.6例中4例がJapanese Association for Acute Medicine criteria(JAAM)disseminated intravascular coagulation(DIC)診断基準でDICと診断され,遺伝子組換え型ヒト可溶性トロンモジュリン(rhsTM)が投与され,3例が投与終了時点でDICから離脱した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 7 posts, 8 favorites)

Characteristics of coagulation/fibrinolysis abnormalities in severe novel coronavirus disease 2019 (COVID-19) patients —Case series— ▲ざっと目を通したけど、感染症が重症化し、敗血症、DIC に発展する一般的なケースと、特段の質的差異はないような気が。 https://t.co/4LCjrQvIbk
@Dctr_K @ergosopher 論文では上がると報告されているのですが。 https://t.co/2FDV7rUKhr https://t.co/ukLPm1CCnZ 個人的には今の所フィブリンが分解されていない、線溶系は更新していない症例ばかりでした。

収集済み URL リスト