著者
山本 哲 荒木 あゆみ 算用子 裕美 小澤 敏史 金井 ひろみ 池田 久實 高本 滋
出版者
一般社団法人 日本輸血・細胞治療学会
雑誌
日本輸血細胞治療学会誌 (ISSN:18813011)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.105-111, 2017-04-20 (Released:2017-05-11)
参考文献数
15

採血副作用における血管迷走神経反応(VVR)は,その低減化に向けて様々な防止策が講じられている.VVRの発症機転はよく解明されていないが,不安や痛み等の精神的な要因,循環血液量の減少による生理学的要因などが推定されている.今回我々は循環血液量の減少を伴わない採血前検査で発生するVVRに焦点をあて,精神的な要因により発症するVVRの特徴について検討した.本採血前のVVRを2群(検査前群と検査後群)に分類し,本採血以降のVVRと比較検討した.その結果,本採血前のVVRでは,体格が小柄で比較的やせ気味の10代の若年男性が多く含まれ,女性では3人に1人は体重50kg未満という特徴が見られた.これらのVVRでは重症例も多くあり軽視すべきではなく,採血基準を体重50kg以上に制限することで女性のVVRは減少すると推定される.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 3 favorites)

@3V0zCHzxrGAHvpX VVRに関しては今日においても十分な対処をしなければいけないと思います。https://t.co/eZmjjxvThI 「血が集まれば」とかの論議は現在の管理状況であれば「問題ある方ははじかれる」… https://t.co/T3cFomzDER
@io302 データ元忘れたー、ごめんなー。 よく忘れるから、いつでも突っ込んでください https://t.co/a6r3DvtJ1T https://t.co/NP0f4KOwQT

収集済み URL リスト