著者
松永 直樹 堀 守雄 長島 昭
出版者
日本熱物性学会
雑誌
熱物性 (ISSN:0913946X)
巻号頁・発行日
vol.21, no.3, pp.143-148, 2007-08-31 (Released:2008-09-05)
参考文献数
24
被引用文献数
1 1

プロパン(C3H8) およプロピレン(C3H6) の空気、窒素および酸素に対する拡散係数を、温度範囲303~453 K において大気圧下でTaylor 分散法を用いて測定した。プロパン、プロピレンとも、空気を窒素または酸素で置き換えても拡散係数の値には事実上差が生じないことがわかった。また、プロピレンの拡散係数はプロパンに比べて系統的に3% 程度大きい。測定結果は、D/ cm2s−1 = A(T /K)B の形の相関式で再現することができる。ここで、Dは101.325 kPa (1 atm) における拡散係数、Tは絶対温度である。係数AおよびBの値は、プロパン-(空気、窒素、酸素) 系に対してはA= 4.65×10−6、B= 1.77、プロピレン-(空気、窒素、酸素) 系に対してはA= 5.08×10−6、B= 1.76である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (2 users, 2 posts)

無風で対流が無視できる場合には,匂いの拡散は拡散方程式(下記URL)に従うと思います. 匂いの広がる速度は,臭いの元の形状やニオイ物質の分布に影響をうけますが,おおよそ√(Dt)で広がりが計算できます. ここで,Dは拡散係数,tは時間です. 例えば,適当に拾った文献(下記URL二つ目)によるとプロピレンの303.15 Kにおける拡散係数は0.118 cm^2/sのよう ...
あなたはブラウン運動を知っていますよね。 物質は互いに振動し衝突し合い、四方八方に拡散していくのです。 当然媒質にも温度にも依存します。 ある決められた条件の下での拡散係数のデーターは当然ありますよ。 たとえば https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjtp/21/3/21_3_143/_pdf 一般的といわれると。。。 拡 ...

収集済み URL リスト