著者
内田 雅之 川上 正 川上 志保 永田 雅彦
出版者
日本獣医皮膚科学会
雑誌
獣医臨床皮膚科 (ISSN:13476416)
巻号頁・発行日
vol.23, no.4, pp.185-188, 2017 (Released:2017-12-20)
参考文献数
13

9歳齢,避妊雌のミニチュア・シュナウザーが,幼少より夏を中心に悪化する躯幹の痒みで当院紹介受診となった。ほぼ全身に鱗屑,丘疹,紅斑,脱毛とともに汗と思われる湿潤が認められた。皮膚伸展指数は16.6%であった。毛検査,皮膚掻爬検査で特記すべき異常はなく,皮膚生検で著しく拡張したアポクリン汗腺,毛包の萎縮,淡染色性の真皮結合織に不規則な配列が認められた。支持組織の脆弱性による汗腺の拡張と多汗を疑い,犬の骨関節疾患治療薬であるポリ硫酸ペントサンナトリウムで治療したところ,湿潤と痒みが略治した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

Successful management with pentosane polysulfate sodium of #hyperhidrosis in a #dog | #ECM https://t.co/p5NssiW050
Successful management with pentosane polysulfate sodium of #hyperhidrosis in a #dog | #ECM https://t.co/p5NssiW050
successful management with pentosane polysulfate sodium of #hyperhidrosis in a dog https://t.co/atlM0owksV https://t.co/i5ZdiQeneI

収集済み URL リスト