著者
長谷 晃輔 長谷 生子 下山 由美子 西藤 公司
出版者
日本獣医皮膚科学会
雑誌
獣医臨床皮膚科 (ISSN:13476416)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.75-78, 2020 (Released:2020-06-20)
参考文献数
6

雑種猫,3歳3ヶ月齢,未去勢雄に多発性丘疹結節および腫瘤,ならびに皮膚硬化が認められた。皮膚生検の検体および斃死後の剖検検体を病理組織学検査に供したところ,皮膚腫瘤/結節および硬化部位の皮膚のみならず,骨格筋膜や臓器漿膜にも広範囲に紡錘形細胞の増殖が認められ,皮膚結節の一部では線維肉腫に矛盾のない組織像が認められた。抗猫白血病ウイルス抗体を用いた免疫染色では,前述した紡錘形細胞の細胞質が陽性となったことから,前述の組織学的変化が猫白血病ウイルスまたは猫肉腫ウイルスに関連した可能性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 6 favorites)

A feline case with multiple fibrosarcoma and systemic fibromatosis associated with feline leukemia virus/feline sarcoma virus. https://t.co/gsPL0dw5jH
a feline case with multiple #fibrosarcoma and systemic fibromatosis associated with feline leukemia virus/feline sarcoma virus. Immunohistochemical analysis with anti-feline leukemia virus revealed cytoplasmic staining of proliferating spindle cells https://t.co/mmkOQNXmKI

収集済み URL リスト