著者
佐藤 翔
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.66, no.3, pp.115-121, 2016-03-01 (Released:2016-04-01)

近代の学術コミュニケーションを最も特徴づけているのは査読制度の存在である。しかし増大し続ける研究者数とその生産論文数に,査読制度は対応できておらず,限界を迎えつつある。その結果,従来から存在した,査読者による不正や査読者のバイアス等の問題に加え,近年では査読者の不足,詐称査読,投稿者による不正等の新たな問題が起きている。これらの問題に対応するため,Publons やポータブル査読,オープン査読,査読の質保障等の新たな取り組みが現れている。しかしこれらの延命措置によって査読制度を維持し続けることができるのか否かは現状,未知数である。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

[Publons][査読] 2016年
”編集者向けのマニュアル等では「二人の査読者の評価が 割れた場合は掲載する」ことを基本方針として薦めている・(実際は)一人が「却下」がふさわしいと評価した場合, ほとんどの論文が却下されていた”
『情報の科学と技術』特集:研究倫理より。
“査読の抱える問題とその対応策”

Twitter (36 users, 39 posts, 54 favorites)

世界中にある話ですわな。院生紀要も発行元は「◯◯学会」となってるのと同じか。 実際には査読を行っていないにも関わらず査読誌を詐称する「ハゲタカオープンアクセス」雑誌に掲載される論 文が 2014 年には 40 万本を超えたとも推計されている 。 https://t.co/DUY7OLsxmI
@sotonohit 査読の半分くらいはというのは、亡くなった大学のゼミの先生や大学の先生をやってた伯父から聞いた話なのでソースはありませんが、論文の査読のプロセスを知るとあり得る話です。 https://t.co/cIF45Qg3Xu
先ほどの「実験」をどう評価するべきかは難しいと思うけれど、それとは別に、この論文は勉強になった。  https://t.co/GTNLyyHOZS
査読といえば、この論文おもしろい 「査読の抱える問題とその対応策」https://t.co/rTYqYFr2XS 「ある雑誌に掲載された 論文を,著者名や題名等を改変した上で全く同じ雑誌に 投稿。実験の結果,多くの論文は一 度その雑誌に受理され掲載されたものであるにも関わら ず,二度目の投稿では却下された」
https://t.co/OTDyUykrKM 査読者も大変。
興味深い。 J-STAGE Articles - 査読の抱える問題とその対応策 https://t.co/9N9Fg2DyWy
@j_sato 大手マスコミが記事にした、等に近いのかもしれません。 査読システムによるメリット(不適切な論文が公表されない等)は読者からは気付けないので判断は難しいですが… 少なくとも時代と共に変わっていくことが必要だと思います。 https://t.co/bDUferXEPl
【論文】世に出ている論文1本に対して査読者4名の貢献が必要とのこと。今まで自分が出した査読論文数×4までは、査読依頼を快く引き受けないとね。/1本査読の抱える問題とその対応策 https://t.co/rzoDHYs8IL
佐藤 翔 , 査読の抱える問題とその対応策 https://t.co/vtxHhNvuS3

収集済み URL リスト