著者
佐藤 翔
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.66, no.3, pp.115-121, 2016-03-01 (Released:2016-04-01)

近代の学術コミュニケーションを最も特徴づけているのは査読制度の存在である。しかし増大し続ける研究者数とその生産論文数に,査読制度は対応できておらず,限界を迎えつつある。その結果,従来から存在した,査読者による不正や査読者のバイアス等の問題に加え,近年では査読者の不足,詐称査読,投稿者による不正等の新たな問題が起きている。これらの問題に対応するため,Publons やポータブル査読,オープン査読,査読の質保障等の新たな取り組みが現れている。しかしこれらの延命措置によって査読制度を維持し続けることができるのか否かは現状,未知数である。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

“査読の抱える問題とその対応策”

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@fedoronsen @yutakasuzuki3 @claw2003 又、査読というシステム中にもいろいろ問題があるようです。 https://t.co/etkvDmvc4a
佐藤 翔 , 査読の抱える問題とその対応策 https://t.co/vtxHhNvuS3

収集済み URL リスト