著者
黒上 晴夫
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.67, no.10, pp.521-526, 2017-10-01 (Released:2017-10-01)

シンキングツールの活用が広まっている。これはアイデアを可視化して考えを生み出したり,共有して協働的に考えたりすることを助けるツールである。考えるためには,一定の制限が有効にはたらく。シンキングツール上の図式や視点がその制限となる。活用にあたっては,考えを生み出す手順として思考スキルをイメージすることが重要である。思考スキルは,小学校低学年から高等学校まで徐々に高度化しながら活用する。思考スキルとシンキングツールを対応させることによって,その手順が可視化できる。しかし,この対応は一様ではなく,シンキングツールを使う場面やトピックの対象となる事項の数・質,活用の目的によって変わる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

初等中等教育におけるシンキングツールの活用https://t.co/5csdjwhjre
会誌「情報の科学と技術」2017年10月号 初等中等教育におけるシンキングツールの活用…黒上 晴夫 https://t.co/yN14VsRwJP

収集済み URL リスト