著者
永崎 研宣
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.67, no.2, pp.61-66, 2017-02-01 (Released:2017-02-01)

デジタル文化資料のWebでの流通の仕方を抜本的に改革し,より効果的効率的に共有するための規格,IIIFが研究図書館を発信源として国際的に広く支持を集めるようになってきており,英国図書館やフランス国立図書館をはじめ,多くの関連機関がこれに積極的に関わるようになっている。本稿では,IIIFの初期段階の構想を採り上げ,それが現在にどのように実現されているかを明らかにする。そして,IIIFが現在提供する様々な利便性について紹介するとともに,現在国内外でどのように広まっているか,その広がりがどういった状況をもたらし得るか,について検討する。さらに,人文学向けのテクスト資料のデジタル化に関するデファクト標準であるTEIについても触れ,両者の対比と今後の可能性を提示する。最後に,デジタル文化資料の国際的な規格に日本が積極的に関わっていくことの意義を述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[デジタルアーカイブ]

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

https://t.co/lSzM1zw0q7 デジタル文化資料の国際化に向けて:IIIFとTEI 永崎 研宣 一般財団法人人文情報学研究所 情報の科学と技術Vol. 67 (2017) No. 2
“デジタル文化資料の国際化に向けて:IIIFとTEI” https://t.co/j1sKlPanTX #デジタルアーカイブ
デジタル文化資料の国際化に向けて:IIIFとTEI https://t.co/Xm17oc7SPF
<b>デジタル</b>文化資料の国際化に向けて:IIIFとTEI https://t.co/b7Ws3siV7S
会誌「情報の科学と技術」2017年2月号 デジタル文化資料の国際化に向けて:IIIFとTEI…永崎 研宣 https://t.co/FFiTR0I0hK

収集済み URL リスト