著者
矢吹 命大
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.67, no.4, pp.185-189, 2017-04-01 (Released:2017-04-03)

横浜国立大学は理工系,人文社会系,教育系及びその融合型の学部・大学院で構成される医学系部局を持たない中規模総合大学(学生数約1万人,教員数約600人)である。URAが設置されて以来,研究IRへの取り組みも活発に行われ,引用文献データベースを用いた大学の強み・特徴の分析が行われてきた。一方,横浜国立大学の研究活動には,引用文献データベースでは見えづらい分野も多々含まれているため,そういった分野も含めた分析を可能とする視点が求められていた。本稿では,この課題への取り組みとして,広い研究分野を網羅し,他機関の動向も知ることができる科研費の採択状況に着目した分析事例を紹介し,その有効性と限界を論じる。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

“横浜国立大学における研究力分析の取り組み-科研費採択状況に着目した分析事例の紹介” https://t.co/F0K3MssuAQ #URA #IR
会誌「情報の科学と技術」2017年4月号 横浜国立大学における研究力分析の取り組み-科研費採択状況に着目した分析事例の紹介…矢吹 命大 https://t.co/3xsjFBJ8du

収集済み URL リスト