著者
関 秀行
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.67, no.8, pp.405-409, 2017-08-01 (Released:2017-08-01)

日本の大学図書館においては,図書館員を一定期間海外の図書館に派遣する滞在型の海外研修が人材育成の手段として一つとして実施されている。本稿では,図書館員の海外研修派遣の事例として,慶應義塾大学メディアセンターが長年に渡って実施している派遣の実績を紹介する。また,派遣を調整する立場からの視点で,海外研修の実施に当たって重視すべき要素として,研修者の人選,英語力の強化,研修先機関との互恵関係への配慮,経費補助のための財源確保に焦点を当て,慶應義塾大学の実状に触れながら,それぞれの重要性について述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[図書館][大学職員][SD]

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

“慶應義塾大学における図書館員の海外研修への取り組み” https://t.co/sPJRej4481 #図書館 #大学職員 #SD
会誌「情報の科学と技術」2017年8月号 慶應義塾大学における図書館員の海外研修への取り組み…関  秀行 https://t.co/NKcb0S1naA

収集済み URL リスト