著者
船守 美穂
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.68, no.3, pp.92-98, 2018-03-01 (Released:2018-03-01)

近年,大学図書館業界においても,「大学IR」という言葉を耳にするようになったため,本小論では,大学IRの成り立ちや概要,大学IRが抱える課題を紹介しつつ,これからの大学図書館と大学IRの関わりの可能性について考察する。日本の大学図書館については,大学IRのための基礎データ収集の観点から,1)教学IRに資する,学生の図書館利用状況,2)研究IRに資する,学内で輩出される学術成果の把握などが期待される。大学業務システムや研究情報管理システムの整備,相互連携が進んでいる欧米の大学では,これらを利用した3)機関データの管理・保全や,4)同システムの利用支援も大学図書館の役割として想定されているが,日本ではこれは難しい。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[被言及] 引用していただいてた。http://current.ndl.go.jp/e1791

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

会誌「情報の科学と技術」2018年3月号 大学図書館員のための大学IR講座-大学IR における大学図書館の可能性とは?…船守 美穂 https://t.co/1heYJ7V9cE

収集済み URL リスト