2 1 0 0 OA 体重移動訓練

著者
渡邊 裕文
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.15-19, 2003 (Released:2005-04-12)
参考文献数
2
被引用文献数
5

Consideration of the way in which body weight is applied is required in almost all movements. For example, when changing body position from the prostrate to the lying on the side position, the weight is shifted as when turning over in bed. And we are not conscious of muscle activity, for example, in physical therapy. And with regard to the application of body weight, we wish to know how body weight is applied, and if it can be maintained.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

側方体重移動保持における多裂筋の筋電図は移動側については直立位レベルを維持し、非移動側は増大を認めた。 考察:ドゥシャンヌ歩行の介入に対して、多裂筋の収縮訓練をすることで改善すると思います。経験則で多裂筋への介入で歩容が改善は多々あります。 #ほぼ日文献読み https://t.co/lYXNUAcKG7
立位バランスがよくないので、「体重移動訓練」の論文を探して読むことにした。 2003年 関西理学掲載 特集 理学療法基本技術 5ページなので読めそう。参考になることがあるといいなぁ。自分の今の状態に当てはめて応用してみよう。 https://t.co/7qRyc1o0zm #患者も学ぶ #理学療法 #体重移動訓練 https://t.co/1BTIFfk0VL

収集済み URL リスト